唯一釣れた魚は最長寸新記録!

日の出直後の表浜

サワラにサバにカマスにマゴチ…
まったく釣りたい魚が多すぎて困っちまうぜ。

そんでもって今日はどのコが遊んでくれるのかな?
まぁいっぺんに全員で来られても困るから2魚種ずつでお願いしておこうか( ̄∀ ̄ )


と、イメージトレーニングばっちりでブリ浜に4時半エントリー。
先週はやたら人が多かったんですけど、今日はいつも通りに一番乗りでした。


で、あの巨大なサワラを釣るべくアサシンをセットしたんですけど、あいにく今日は完全な東風。

いくら飛距離自慢のアサシンと言えど、横風をまともに受けては戦えないと言うことでウェッジに選手交代しました。


おすすめルアーウェッジ95s


ちなみにウェッジ95sは非常に投げやすく、またメタルジグとほぼ同等の飛距離を出すことができるので、個人的に非常にお気に入りのルアーになっています。

メタルジグに比べて沈下速度が圧倒的に遅いので、流れに乗せるなどしてゆっくり誘えるのが大きな武器ですよね。


それを踏まえますと、サワラが回遊してくるのは(先週と同じなら)すぐそこなので飛距離は要らないですし、どちらかと言えば速い動きに反応しそうな青物属の魚なのでシンペンはあまり向いてなさそうに見えます。


しかし、とりあえず遠投・スローリトリーブして他の魚の様子も見ながら、サワラが跳ねたら一気に早巻きして近くを通そうと言う二兎を追う作戦なのです。

別にシンペンを早巻きしちゃあいけないなんて決まりはありません。


全長:95mm/重量:30g/タイプ:重心固定・シンキング/フック:#5/ハイピッチロールの馴染む揺らめきとクラスを超える飛距離が武器


今日はゴミの日


ゴミいっぱい

ところが、10時の方向に投げると2時の方向からルアーが戻ってくると言う真横からの強烈な風と流れはまあいいとして、投げるたびに引っかかってくるこの細長い葉っぱが本日最大の敵でした。


朝のうちは本当に百発百中でひたすら引っかかって来てストレスがたまりました。
ただ幸いにもいるのは波打ち際だけなので、沖で勝負をつけてしまえばいいのです。

たしか去年だか一昨年だかにも同じような状況の時があり、その時は目一杯遠投してミニアブコに遊んでもらったと日記に書いた記憶があります。


状況は悪くなさそうなんだけど…


で、横流れはきつくゴミもひどいんですけど、それ以外は水の色などなど含め悪くなさそうなんですよね。

フラットがいてもおかしくないですし、今にも青物が回って来そう。
(特にジャンボサバ来い!と祈ってました)


しかしながら、曇っていて日差しは弱く風も適度に吹いて実に快適なんですが、まったくアタリがないんです。

アタリがなければ魚っ気もない。
それはもう眠くなるぐらい。


おかしいな、なんでかなと思いながら西へランガンして折り返しました。
そして久しぶりにヒラメタルをセットした1投目、、、


表浜エソダービーに登録したい


ジャンボエソ

【大潮/満潮 5:00 曇りのち晴れ 濁り無し ゴミ多し】

着底からの巻き始めでコツンとあたったような気がしたんですが、どうせゴミだろうと気にせずに2,3巻きしたところで「グググ!」


遅ればせながら合わせを入れて寄せてきますが、まるでゴミに変身したかのように全く引きません。


『おかしいな。たしかに魚の感触だったはずなんだけどな…( ゚Д゚)』


と思いながら引っ張り出したところ、画像のエソが姿を現してくれたと言う訳です。
しかしどうです、このデカさ!

表浜エソダービーがあったら結構上位に入れそうなサイズじゃないですか?w
6時34分でした。


エソのシンプルさつま揚げ


エソのさつま揚げ

んで、せっかく釣れてくれた立派なエソなので今回はさつま揚げにしてみましたよ。
レシピは色々あるみたいですが、私は最もシンプルに「何も入れないさつま揚げ」にしてみました。

まぁ単純に「具」がなかっただけなんですけどね。


【用意するもの】
●エソ(約40㎝1尾)
●塩(3g)
●醤油(3g)


①鱗を落としてから三枚におろし皮を引きます。

②ぶつ切りにしてフードプロセッサーに入れるか、もしくはまな板の上でペースト状になるまで刃の方で叩きます。

③ある程度こなれた時点で塩と醤油を入れてもう少しプロセッサーを回すか叩くかします。

④180℃の油で色がつくまで揚げたら出来上がり!


エソ子

この個体は卵を持っていました。
当然食べようと思いましたが、ひっくり返してみたらあんまり良くなさそうだったので今回は見送ることに。

次回きれいな卵だったら食べようと思います。


きれいな白身

どうですか、このきれいな白身。
美味しくない訳がありません。


揚げ物中

平べったくして火が通りやすくするのがベターです。
ある程度の大きさで作って、揚がってから包丁で切り分けるのも良いかと思います。


ちなみに、お好みでごぼうやニンジン、紅ショウガ等を入れると本格的になりますが、私はエソ本来の風味や食感を楽しむために余計なものは入れませんでした!(キリッ)


でも、こんな具材なしのシンプルなさつま揚げでしたが、モチモチの食感とほんのり塩味がいい感じで実に美味しゅうございましたよ。

大成功でした。
ジャンボエソが釣れた際は是非どうぞ。



ちなみに6時半過ぎにエソが釣れて以降、上げっぱなまで粘れば何かが起こると信じて正午過ぎまで投げ続けたのですがノーバイトでした( ´∀`)


「料理の時短に大活躍」「面倒なお手入れ、さようなら」「料理の幅が広がる」「安全な操作環境を提供する」「誰もが惚れ込むフードプロセッサー」


この記事へのコメント