一夜干しを失敗する方法

ダイソー野菜干しネット

私は一夜干しが好きで青物が釣れた時によく作るんですけど、簡単に作れてしかも美味しいからと言うのがその理由です。


ちなみに作り方は、


塩水に30分から小一時間ほど浸した後、水気をよくふき取って風通しのいいところに一晩干す

※私は大体500ccの水に大さじ2杯程度、つまり約6%ぐらいの塩水を使います。


これだけです。
こんな簡単な作業工程のどこをどう間違えれば失敗できるのか不思議に思えるでしょう?


ところが見事に失敗する方法があるんですよね。
それを今からあなただけにこっそりとお教えいたしましょう。


ダイソー野菜干しネット


ちなみに画像はダイソーの「野菜干しネット150円」で、少しだけ一夜干しを作りたい時に使えるかなと思って買っておいたものです。

3段構えのデカい干物ネットですと、魚が少ない時などはちょっと持て余す感じなんですよね。
洗う時も意外に大変ですし。


そこでダイソーネットなんですが、アブコが2匹分(4枚)干せてちょうどいい感じですよ。

出来れば丸じゃなくて四角いフレームならもう少しサイズの大きい魚も干せそうで良かったんですけどね。


つけすぎ注意


乾燥中

さて一夜干しを失敗する方法なんですが、もったいぶらずに結論から申し上げます。


塩水に浸し過ぎると死亡する


ボウルに塩水を作って魚を放り込んだら、キッチン周りを拭いたり片づけたり、そして釣り道具を洗って干したりしますとだいたいちょうどいい時間が経過してるので、そこで干物の素を塩水から取り出すと言うのがいつものルーティーンなんですが、、、


先日もアブコが釣れたので一夜干しを作ることにしました。
しかしリールを拭いて陰干しした後で、イレギュラーにシャワーを浴びてしまったんですよね。


するとサッパリして風呂から上がってきた時には干物のことはすっかり忘れて、普段の風呂上がりのルーティーンをこなしていました。


で、夕方になったので楽しみにしていたサバを刺身にしようとキッチンに下りていったらなんかボウルがある訳ですよ。

そして『あれ?片づけ忘れたのかな…』と思った次の瞬間ようやくアブコを塩水につけていたことを思い出したのです。


最近、芸能人の顔を見ても名前がすぐに出てこなかったりして記憶力の低下を自覚してはいるんですけど、これほどきれいにスッコーンと抜け落ちてしまうとはねぇ…



さて例のブツですが、だいたい5時間近く浸かっていた計算になりますか。

それでもまぁ別にどうってことないだろうと、いつものように水気を拭きとってネットに入れて、そしていつも通りちゃんと干物が完成しましたよ。


痛い!


ところが食べてみてびっくり。


ひと言、痛い!


細かい棘が一斉に突き刺さる感じで、特に口の中の奥の方が猛烈にチクチクしました。

ちょっとオーバーステイしたぐらいで、まさかアブコの身がこんな攻撃性を身に着けるとは思ってもみませんでした。


そこで、こりゃいかんと大量にご飯をかき込みますが、それでも太刀打ちできないぐらい強いんですから往生しましたよw

塩分ってここまで強烈に浸透するんですね。
ちょっとナメてました。



と言う訳で、以上一夜干しを失敗する方法でした。
ご注意くださいませ。


ホント、歳は取りたくないもんですなぁ( ´∀`)




この記事へのコメント